資産形成の方法として、不動産投資をはじめる人が増えています。ここでは、不動産投資の目的やメリット・デメリット、どんな人が行う投資なのかを解説します。

将来の年金への不安や低金利などから、投資に興味を持つ人が増えています。しかし、株式投資やFXはリスクが大きく(ハイリスク・ハイリターン)、多くの知識が必要なため、初心者が利益を得るのは難しいのが実情です。不動産投資は、株式投資やFXに比べて景気による変動が少ない、ミドルリスク・ミドルリターンの投資だといわれています。「ハイリスクの投資は怖いけれど、安定した収入が欲しい」という人に最適の投資です。

不動産投資の目的 

不動産投資には、2種類があります。
・インカムゲイン
1つは、不動産を購入し、それを他人に賃貸して家賃収入(利益)を得る投資です。この利益をインカムゲインと呼びます。
・キャピタルゲイン
もう1つは、不動産を購入時よりも高い価格で売り、売却益を得る投資です。この利益をキャピタルゲインといいます。不動産投資として注目されているのは、インカムゲインを目的とした方法です。生命保険と異なり、キャッシュアウトが少なく、長期保有が前提となるため安定した収益が得ることが可能です。キャピタルゲインのような大きな利益は見込めませんが、長期的な視点で比較して選ばれています。

不動産投資のメリット

不動産投資のメリットはさまざまなものがあります。

・安定した副収入が得られる
毎月、家賃収入があるため、安定した副収入が確保できます。
・融資を活用して大きな投資ができる(レバレッジを効かせる)
不動産を担保にして金融機関から融資を受け、自己資金以上の投資を行うことができます。ローンは家賃収入で返済するため、不動産購入時の持ち出しは少なく済みます。完済後は、不動産が自分の資産になります。
・年金の対策になる
将来にわたって定期的な収入が見込めます。
・生命保険の代わりになる
不動産の購入時には、団体生命信用保険に加入します。団体生命信用保険では、病気やけがなどが保障されており、生命保険の代わりにもなります。また、万が一購入者が死亡した場合にも、保険金でローンが完済されるため、家族には不動産やその家賃収入などを資産として遺すことができます。
・相続税の対策になる
現金や金融資産と不動産では、評価額の計算方法が異なります。通常、不動産の方が評価額が下がることが多いため、相続税対策になります。

不動産投資のデメリット

・初期投資が必要になる
 不動産購入の際には、一定の自己資金が必要です。金融機関から融資を受ける際にも、頭金が必要になる場合があります。
・空室リスクがある
 賃借人がいなかったり、賃借人の入れ替えに伴い空室期間が発生すると、家賃収入が得られなくなる可能性もあります。
・不動産価格下落のリスク
 年数の経過や景気の動向により価格が下落する可能性もあります。
・災害リスクがある
 台風や地震などにより、不動産そのものに損害がでる可能性があります。
・金利上昇リスクがある
 変動金利で融資を受けている場合、ローンの金利が上昇する可能性があります。

不動産投資を行う人とは

不動産投資を行う人は、特別な人ではありません。「サラリーマン大家さん」という言葉もあるように、会社に勤める普通の人が副業として投資用不動産を購入しているケースも多くあります。きっかけとしては、30代、40代に入り収入が安定するなかで、将来の年金や定年後の収入に不安を覚えて投資をはじめることが多いようです。融資期間は30~35年と長期にわたるため、定年までにローンを返済できればその後の家賃収入も見込めます。また、最近は、少額からはじめられる不動産投資も増えているため、手を出しやすくなっています。

不動産投資が選ばれている理由

不動産投資は、株やFXのように投資のプロでなくても、所有しているだけで利益が得られるため、多くの人に選ばれています。また、管理を不動産の専門家に任せることもできるため、購入後は定期的に報告を受けるだけで運営ができます。不動産投資は、時間を味方につける投資です。はじめるのが早ければ早いほど有利になる投資といえるでしょう。