投資をする際に、「レバレッジを効かせる」という言葉を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。普段あまり耳にすることのない言葉ですが、レバレッジを効かせるということはどのような意味があるのでしょうか。今回の記事ではレバレッジの意味やメリット・デメリットなどについて、下記の項目について解説していきます。

レバレッジとは?どんな効果がある? 

レバレッジを効かせる、と言うととても高度な投資方法を行うようなイメージを持ってしまいますが、実はそんなに難しい話しではありません。

投資の際にレバレッジを効かせると言うことは、融資を利用して投資を行うということです。自分の資金だけでは出来ないような大きな投資を、融資を受けて行うことをレバレッジを効かせると言います。

レバレッジとは、「てこの原理」を意味する言葉です。小さな力で大きな効果を生み出すのがてこの原理ですから、少ない投資金額(自己資金)で大きな投資効果を出すことをレバレッジ効果と言います。

 

レバレッジを効かせるメリット

融資を活用して少ない投資金額で、大きな投資効果を得るのがレバレッジ効果です。つまりレバレッジを効かせる一番のメリットは、投資効果を大きくすることがあります。

例えば具体例として自己資金1,000万円を使って不動産投資を行う場合で、レバレッジを効かせる場合と効かせない場合を比較してみましょう。

レバレッジを効かせない場合は、自己資金を使って1,000万円の不動産を購入することになります。仮にその不動産の利回りが8%であれば、年間の収益は80万円となります。

一方、レバレッジを効かせた場合を見てみましょう。自己資金1,000万円に融資を2,000万円受けたとすると、3,000万円の不動産が購入出来ます。不動産の利回りが同じく8%だとすると、年間の利益は240万円になります。融資の金利が2%だとすると、年間40万円の利息支払いが必要になりますが、それでも200万円の利益を残すことが出来るのです。

同じ自己資金1,000万円でも、レバレッジを効かさない場合の年間収益が80万円なのに対し、レバレッジを効かせた場合は200万円になります。このように同じ自己資金の金額であっても、レバレッジを効かす場合と効かさない場合では、投資効果は大きく違ってきます。

不動産投資はレバレッジが効かせやすい

投資の際にはレバレッジを効かすことで、投資効果を大きくすることが出来るのはここまでの説明の通りです。しかし投資と一口に言っても株や債権など様々な種類の投資がありますが、どのような投資でもレバレッジを効かすことが出来るでしょうか?

結論から言うと、数ある投資の中でも一番レバレッジが効かせやすいのが不動産投資です。その理由は単純で、他の投資に比べて不動産投資は融資が受けやすいからです。

金融機関が融資をする際には多くの場合で担保が必要になりますが、株や債権に比べると現物資産である不動産は担保として取得しやすく価格も安定しています。そのため多くの金融機関では不動産を担保にした不動産投資ローンを取り扱っています。

一方で株や債権などへの投資資金の融資を取り扱っている金融機関は多くはありません。その大きな理由の一つに、価格の変動が大きいことが挙げられます。

つまり同じ投資資金であっても不動産投資は金融機関からの融資が受けやすく、レバレッジの効かせやすい投資であると言えます。

レバレッジを効かせるデメリットはある?

これまではレバレッジのメリットについて説明して来ましたが、デメリットがあることも知っておくことが投資の際には重要です。

不動産投資の際にレバレッジを効かせる(=融資を受ける)最大のデメリットは、融資の返済が続くことです。融資の返済は投資した不動産の収益から支払うことが原則ですが、何らかの事情で不動産の収益が減少してしまう可能性もあります。収益の減少によって融資の返済が出来なくなってしまった場合、物件を売却して融資の返済へと充当しなければならない可能性があることがレバレッジを効かせる一番のデメリットと言えます。

不動産の収益が減少する要因には、大きく次のようなものがあります。

レバレッジを効かせて不動産投資を行う場合は、上記のような点に注意することが重要になります。

不動産投資の最大の特徴は、上記のような不動産の収益減少要因をある程度コントロールできることです。不動産の手入れなどをまめに行うことで収益減少を押さえることも出来ますし、万が一資産を手放すことになっても株などと違って不動産の価格がゼロになることはありません。

つまり不動産投資においてレバレッジを効かせることは、他の投資と比較するとリスクは低いと言えます。

まとめ

今回の記事では、不動産投資におけるレバレッジを効かせる効果と、メリット・デメリットについて解説をしてきました。レバレッジを効かせることは、不動産投資に限らず投資の際には投資効率を高める重要なポイントになりますが、不動産投資はレバレッジが効かせやすくリスクも少ないと言えます。不動産投資を行う際には、ぜひ今回の記事を活用してレバレッジを上手く活用するようにしてください。