マンション投資を始めようと考えた時に、最初に決めなければいけないのがどのような目的でマンション投資を行うかということです。目的はキャピタルゲインか、年金や生命保険の代わりか、節税や相続対策なのか…。今回はサラリーマンの方々が、生命保険代わりかつ老後の年金対策として収益物件を長期保有することを前提としたケースで解説していきます。この目的で不動産投資を行う場合に考えなければならないのは、その目的に合った収益物件を選ぶということです。マンション投資と言っても区分マンションなのか一棟マンションなのか、ファミリー向けタイプなのか単身者向けタイプなのかなど、さまざまな選択肢があり迷う方も多くいらっしゃるでしょう。ここでは、初めて不動産投資を始める場合に選ぶべき物件の種類とその特徴について詳しく解説していきます。

初めての不動産投資には単身者用ワンルームマンションがおすすめ

初めて不動産投資を行う方々には単身者用ワンルームマンションをお勧めします。なぜ単身者用ワンルームマンションが、初めての不動産投資に向いているのでしょうか。初めて不動産投資をする場合はいきなり一棟建てマンションを購入するより、単身者用ワンルームマンションを購入するほうがリスクは低くなります。その理由は金融機関からの借入金額が低くて済む、管理の手間が一棟建てマンションより少なくて済むなどさまざまなものがあります。しかし単身者用ワンルームマンションであれば他の物件に比べて安価であるため、自身の年収が低いなどの理由があっても金融機関から融資を受けやすいというメリットがあります。またそれ以外にも、単身者用ワンルームマンション投資は不動産投資の中でもローリスク・ローリターンと言われているので、低いリスクで不動産投資をおこう事ができるという点もメリットとなります。このような理由から、不動産投資の最初のステップとして単身者用ワンルームマンションの購入をお勧めします。

どのような単身者用ワンルームマンションがおすすめなのか

不動産投資を始める場合に、単身者用ワンルームマンションを購入することがおすすめであることは前述しました。
しかし、単身者用ワンルームマンションであればどのような物件であっても不動産投資の最初の一歩を成功させることができるとは限りません。不動産投資用の単身者用ワンルームマンションを選ぶ場合には、いくつかのチェックポイントがあります。ここでは、そのチェックポイントについて解説していきます。

・ 利便性が高い場所にある物件
まず、一番重要なのが立地です。とにかく利便性が良い駅近の物件を選ぶようにしましょう。
単身者用ワンルームマンションの入居者は、そのほとんどが若い独身者か地方からの単身赴任者で、また最近は独身世帯が多くなっている傾向があることから通勤に便利な住まいを望んでいます。そのため単に駅近というだけでなく、その駅に特急や快速の電車が止まるかどうかといった点も大きなポイントとなります。このような利便性の良い立地にある物件であれば、家賃が多少割高でも入居者が決まりやすい傾向があります。

・ 築浅の物件
築浅の物件は、単身者の中でも特に女性に需要が高い物件です。その理由は新築ほど家賃が高くなく、建物自体の設備や内装・外装の綺麗さなどは築古の物件に比べて非常に良い状態の物件が多いためです。男女を問わず入居者を集めたいのであれば、築浅の物件を選ぶことをお勧めします。

・ 管理が行き届いている物件
単身者用ワンルームマンションを購入する場合、物件の管理会社を自分で選ぶことはできません。そのため、購入を検討している物件全体の管理が行き届いているかどうかを事前にチェックしておきましょう。そのためには実際に現地に赴き、エントランスや廊下などの共用部分がきちんと管理されているかを自分の目で確かめることが非常に重要です。

・ 周囲に治安が悪い場所がない物件
物件周辺の治安状況も、重要なチェックポイントの一つです。昼と夜、曜日などを変えて複数回物件の周囲をチェックし、周辺に街灯が少なく暗い通りやコンビニ前に人がたむろしているような場所がないかを自分の目で確認しておきましょう。

単身者用ワンルームマンションに需要が集まる背景とは

単身者用ワンルームマンションに需要が集まる理由に、少子高齢化と晩婚化・非婚化による単身者世帯の増加があります。2015年の時点で世帯全体の47.3パーセントを占める単身者世帯が、2035年には50.4パーセントまで増加するという試算もあります。そのため、ファミリー層向け物件よりも単身者向けワンルームマンションのほうが今後も需要は増加の一途をたどることは間違いないと考えて良いでしょう。
(参考:https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/03/28/33.html

単身者用ワンルームマンション投資で不動産投資の実績を積む

単身者用ワンルームマンション投資は、不動産投資の最初の一歩です。そのために利回りが低くても安定的に利益を出すことができる、堅実な物件を選ぶことが非常に重要です。しかし利回りが低いと言っても、リスクが高い他の投資法や金利が0に等しい預貯金に比べれば、安定的に比較的高い利回りを得ることができます。この最初の不動産投資を成功させることにより、不動産投資の実績を積み金融機関の信用を得て、なおかつこの物件を担保に入れて次の収益物件購入の足掛かりにすることがで、今後運用で収益を上げていくためにもまずは低金利の単身者用ワンルームマンションを購入し、それを担保に入れて次の物件への足掛かりのするのが不動産投資のスタンダートです。このような方法で徐々に収益物件の数を増やしていくことで、高い利益を手にすることができるようになります。

まとめ

ここまで不動産投資を始めるにあたって、最初に選ぶべき物件は単身者用ワンルームマンションであるということについて解説してきました。不動産投資の初めの一歩の物件としての単身者用ワンルームマンションの優位性と、その物件を選ぶ際に気を付けるべきポイントについてお分かりいただけたと思います。この単身者用ワンルームマンション投資を不動産投資を拡大するための最初の足掛かりにする人も少なくありません。そのため、利回りは低くても物件の「手堅さ」に重点を置いて購入する物件を選ぶようにしましょう。